温暖化対策はエコ生活の実践から

温暖化対策のために家庭でも二酸化炭素を出さないようにしなければいけません。買い物時はエコバックを使いましょう。

温暖化対策はエコ生活の実践から

温暖化対策はエコ生活

地球温暖化は現代において世界共通の問題です。

温暖化の原因は自動車、工場、家庭の家電やゴミなどから出るガスなどが原因として挙げられます。
他にも原因となることは多々ありますが、一人一人の人間が環境改善を意識することで温暖化をストップできるものを挙げてみました。
本来の地球は-18度の生き物が存在できない気温と言われています。
大気中に含まれる二酸化炭素、フロン、メタン、亜酸化窒素などが温室効果ガスとして地球の温度を上げてくれて現在の生き物が住める気温にしてくれていました。
太陽の陽光を吸収して地表を温め、温まった熱量は地球の外へ放出するということを繰り返します。
近年は森林伐採や二酸化炭素や排気ガスが多くなりすぎたがために温室効果ガスの濃度が高まり過ぎてしまい、地球の外へ放出する量が減ってしまっています。
温暖化が進行すれば水不足や水災害の危険性が高まります。
乾燥地の干ばつがより深刻になりつつありますし、氷が溶けることにより水量が増えることで海面の上昇により低地などは水没してしまいます。
植物や動物は温暖化により絶滅も心配されています。
植物などは適した気温や場所で生息しているものですが、温暖化により気温などの変化に対応できなくなる植物や動物には厳しくなります。

温暖化を防ぐためには地球上の人が少しでも対策を行うことが大切と言えます。
エアコンなどの設定温度を冷房の場合は下げ過ぎない、暖房の場合は上げ過ぎないが必要です。

夏場は扇風機や打ち水などで対処したりすることや冬場は服を重ね着したりして温度を上げ過ぎないように心がけましょう。自動車は出来るだけ控えて、バスや電車を利用するようにしましょう。近場への移動なら歩きや自転車などを使うようにしましょう。自動車に乗るのであれば絶対にアイドリングストップだけは止めてください。家電製品の待機電力やごはんジャー、ポットは無駄な電力を消費しますので注意してください。家庭のゴミを減らすためにもスーパーでの買い物時はエコバックなどを利用するようにしましょう。