温暖化対策はエコ生活の実践から

我が国は主たる温室効果ガスである二酸化炭素の排出を抑制して温暖化防止に努め、エコな活動を広める責務があります。

エコな活動を広めて温暖化防止に努める先進国、日本の姿勢

温室効果ガスとして指定されている6種類のうち二酸化炭素が全体の9割程度を占めるので、温暖化防止対策としてその主だった排出源である化石燃料消費を抑える省エネ策に力点が置かれています。
最近、空気中の二酸化炭素濃度は390PPMレベルまで上昇しており、産業革命前後と比べると4割程度も高くなっているといわれています。
空気中の二酸化炭素が増加すると大気の温度が上昇することになり、海水温の上昇を加速するので海水中からの二酸化炭素が更に大気へ放出されて二酸化炭素濃度上昇に拍車をかけることになるわけです。

こうして気候変動にも一層の変化がもたらされるので、濃度上昇を抑制しなければ海水面の上昇と相まって世界中の人類にさまざまな悪影響を与えるようになるといわれています。

従って、我が国としては今後とも産業、運輸、民生の各部門とも一層の省エネに取り組んで化石燃料消費を抑えることが先進国として当然の義務でしょう。家庭では電化製品をエコマーク品に交換することと無駄なエネルギー消費を避けてエコスタイルな日常生活、例えば、廃棄物の排出を抑えたり、衣類や雑貨品の不用品をフリーマーケットやバザーなどで入用な人に使ってもらうような地道な生活を全国各地に広げていきたいものです。

また、我が国として国際会議の場で国を挙げたエコな活動をエネルギー消費の急増している新興国にも繰り返し取り入れよう説得する必要があることは当然です。

毎年、北極海の氷が急激に溶けている現象に対して北極回りの航路開設が可能などとする話が出ていますが、人類が生存し続ける上で大気の温暖化速度には黄信号がともっていることの認識がなさすぎます。