温暖化対策はエコ生活の実践から

私たちの一番身近なエコはリサイクルだと思いますが、リサイクルがゆくゆくは地球の温暖化の抑制に役立っています

リサイクルというエコで抑制できる温暖化

いろいろな環境問題が叫ばれる今日、エコに貢献するということはとても大事なことだと思います。
そして、エコには様々な種類があり、誰でも簡単に参加することが出来ると思いますし、例えわずかでもたくさんの人が行えば、大きな力になると思います。

私たちの生活の中で一番身近で生活に密着しているエコは、やはりリサイクルだと思います。
私は専業主婦をしているので、日々の生活の中でリサイクルは欠かせないものになっています。
たとえば、毎日の生活の中で出るごみの分別です。

基本は燃えるゴミとなりますが、私の住んでいる地域ではペットボトル、空き缶、段ボールなど、資源になるごみはすべて分別をしてリサイクルされるようになっています。
さらに、近所のスーパーなどではよく食品トレーや牛乳パックの回収を行っているので、ごみを減らすためにそちらも利用するようにしています。
燃えるゴミが減らせれば清掃工場で燃やされるゴミが減らされ、燃やすことによって排出される二酸化炭素の量が減り、ゆくゆくは温暖化の抑制にもつながります。
ごみをリサイクルするということは、限られた資源を守ることと、温暖化の抑制と2つのエコにつながっているということになります。
今でも盛んにリサイクル活動が各地で行われていますが、温暖化などの進行を見てみるとまだまだ十分とは言えないと思います。
これからもっと各自治体などを中心にリサイクル活動が盛んになってくれればよいと思います。